« 第一回女だけキャンプ Part1 | トップページ | 館山公園でお花見 »

2006年4月19日 (水)

第一回女だけキャンプ Part2

敷布団に使おうと思って持ってきた3シーズン用シュラフ。ファスナーをしっかり閉じた、その筒型シュラフを使ったのは、我が家の愚犬2匹。
04198BJは足元側に潜り込み、サラは袋から顔だけを出した状態で(朝になると、サラはすっかりシュラフから出て、その封筒型シュラフの口の部分を下敷きにして寝ておりまして…てことはBJは出るに出られず状態だったわけで)。
夜中、ハァハァクチャクチャという喘ぎ声と異様な音で目が覚めたら、テント内に広がるフード臭。
しかも、一度胃液まみれになったフードの香り。
モワァ~ン。
もしかして、シュラフの中で暑くなってゲロったか?
あまりの眠気で意識が朦朧としながらも、ぐえーっ!と叫ぶ。心の中で(笑
でも、大丈夫でした。
ゲロはありませんでした。
多分、反芻。牛だから@BJ。
ゲロ跡はなかったけど、今回は結露が凄かった。
なんでだろ。
フライシートの内側は水をぶっかけたようにグッショリだし、インナーテントにも水滴がついてたし。
暑かったのに無理してシュラフのファスナーを開けず、タラコキューピーみたいな状態で朝を迎えたからかなー。
04197_1妻たちがいる13番サイトは、ちょうどトサミズキの植え込みに取り囲まれた感じになっておりました。
EBIちゃんが出てくる前に、2匹をおしっこに連れ出します。
サイト内に咲いてたヒメオドリコソウ。
可愛い名前がついてるけど、これって「雑草め!」って妻が躍起になって引っこ抜いてるやつだよね。
しかも食用ぢゃないみたいだしー。
それとよく似たホトケノザ。
春の七草で知られるホトケノザってのは、実際にはコイツのことぢゃなくて黄色い花を咲かせるタビラコのことなんだとか。ヘーヘーヘー。
ヒメオドリコソウもホトケノザもシソ科の植物だから、食べようとおもったら食べられそうだけど…食用としてはお勧めしないですと。ちぇっ! 食えないやつーっ!
なんてことを言いながら、夫が買ってきた野草の本片手に園内を歩く(食いしん坊なので、基本的に草花を見ても「これは食えるか、食えないか」が、妻にとっては最重要ポインツなのです)。
駐車場のゲートが開くのは朝6時。それまでは、散歩に訪れる人もないようで静かでした。
つっても、ゲートが開く6時前から車が2台ほど列を作ってたけど。
一応、テントサイト内には夜から朝9時ごろまで宿泊者以外が立ち入らないよう三角コーンが置かれてるから、煩いってことはないんですけどね。
BJもサラも朝の一発(糞)を気持ちよく出したところで、サイトに戻りました。
04192出すもの出したら、朝ごはん。
朝からニンニクたっぷり、クサクサですよ~。
3匹にも、茹でカボチャとおからとキャベツの芯(ケチ)をトッピングして、いつもより豪華な食事。
それにしてもQTって、すごーくお上品に食べるのね。
一粒ずつ丁寧に。
カリカリとしっかり噛み砕くし。
同じ女とは思えない(笑>サラ@丸呑み
我が家の2匹が僅か数秒で食べ終わった後も、ずーーーーーっとのんびり食事を愉しんでいました。うーたんやボブさんがいないから、急いで食べる必要がなかったのかも。
食事の後は、EBI家と揃って水の森散策です。
歩き始めて数分すると、妻の携帯にとびぴろから電話が入りました。
「ねえねえ、今日も今から遊びに行っていい?」
Oh、Yes! もちろんもちろん。
今、お散歩始めたところだけど、とびぴろが到着するまでにはサイトに戻るからー。
「ええと、1時間くらいで到着するよー」
04195そっかそっか。
あぁ、残念。
今日は2時間近くかけて沼を一周しようと思ってたのにね~(思ってない)。
とびぴろが来るんだもんね~。
戻ってなきゃだもんね~。
いや、ほんと残念~。
EBIちゃんとそう言いつつ、昨日と同じコースを歩きました。
昨日全然気づかなかったけど…BJがルンルンで歩いている熊笹に覆われた小道。
この向かって左側の上り斜面はカタクリが咲いていたんだけど(こっちは気づいてた)、右側の下り斜面にはピンク色のショウジョウバカマがたーくさん花開いてたんですね。
色が似てるから、てっきりそっち側もカタクリの花が咲いているんだと思ってたら…。
斜面で咲いてる花が全く違うってのも面白い。

我が家の2匹は、起きてすぐどちらもモリモリ糞を出したってゆーのに、この間にもまた脱糞。
歩くと条件反射で糞を出す…そんな体質、なんとかならんもんでしょうか(笑。
04196サイトに戻ると、わぉ~とびぴろ家が来ましたよー。
ひーくんはいません。
幼稚園だから。
幼稚園のお迎えの時間まで、ってことでわざわざ来てくれたのです。
嬉しいなぁ。
2連荘でおやびんに会えるなんて。
本邦初公開、おやびんの尻穴。
おやびんの肛門様はですね、上半分が黒くて、下半分が白いの。
じっくり観察するまで、ずーっと「おやびん、尻にうんこついてますよ」って言ってた妻なのです。
尻尾も普通のフレンチブルに比べると高速でピコピコ動きます。サラなんて、尻尾だけを動かすなんてゆー高度なこと、できないのに。

とびぴろがおトイレタイムの最中は、ゆりっぺを背負っておかーちゃん疑似体験もしちゃいました。
泣いちゃったけどね(ダメダメ)。
あやせばあやすだけ、涙が溢れてくんの。
なんで~?
妻の背中に肉が付きすぎてるから、圧迫感あって苦しいのかしら(汗。
04193
昨日は、おやびんを抱っこさせてもらって、夢のようなひと時を味わったので、今日はお礼に(なってないけど)BJを抱いてもらいました。
EBIちゃんにも。
遠慮してたけど。つか、嫌がってたけど(笑。
それにしても、なんつーか。
BJの括れのない腹回り。
張りがありすぎるとゆーか、腫れすぎてるとゆーか。
まるで、アザラシに手足をつけた感じだし…(情。
アナタ、イッタイ、ナンテユーイキモノナノ?(汗
さっき、あれだけうんこモリモリ出したのにコレですよ。一体、何が詰まってんの?
楽しいお喋りに花が咲き(ゆりっぺにとっては恐怖の時間を過ごすことになったけど)、11時を回ったのでとびぴろとはさようなら。
EBIちゃんと一緒に駐車場までお見送りです。
リカオおやびん、またねー。
04194車に乗ったおやびんに声をかける妻とEBIちゃん。
もぅ、凄いの。
発狂しだすの。
窓、涎まみれだしー。
ほいでもって、興奮しすぎてクリーミーゲロ噴いちゃうし。
でも、実をいうと、フレンチブルドッグの怒った時のこの顔。
口の回りの肉が盛り上がったこの顔。
妻はすんげー好きなのです。
だから、それが見たくて何度もガラス越しにおやびんに声をかけちゃって…。
その度に窓に頭突きしちゃって。
痛い思い沢山させて、ごめんよー(笑>おやびん
でも、いつまでも今のままのおやびんでいてください…。

とびぴろ家。実はキャンプ道具があるってことなので、是非やろうねー。
ぐふー。
リカオおやびんと一夜を共にできるなんて、たまらなく愉しみです。

おやびんたちが帰った後は、また女二人。
食い気満々の女二人。1753
さて、何をするかといいますと…。
昼飯、ひるめし。
胃拡大の女二人だし(笑。

炭水化物担当のEBIちゃんが用意したエビピラフ。
おかづは、鮭のハラスのネギ炒めと、カボチャにジャコニンニクぶっかけて炒めたもの。どれもこれも胃モタレしそうなものでーす。
ついでに、またもやニンニクでクサクサでーす。
これも、数分で見事に完食~。
たいしたメニゥぢゃないけど、外で食べるとやっぱり美味しい。
おなかだってそんなに空いてないはずなのに、全部入っちゃうし。
結局、今回も大食い大会キャンプになっちゃったよ、トホホ。
お昼ごはんを食べ終わる頃には、結露していたテントもすっかり乾いたので(この日は終日曇りでした)、腹を摩りつつもボチボチと撤収。
当初不安だったマットの収納(EBIちゃんはシュラフの収納。袋が小さいからさー。押し込むのが一苦労でさー。普段、これは男の仕事だしさー)も、なんとか成功。
うん、やっぱりヤレばデキる子なんやね、妻は(笑。
ランタンぶっ壊したってゆー失敗はあったけど。
そんなこんなで午後3時、現地で解散となったのでした。

女だけのキャンプ。
2回目もやるぞー!
絶対やるぞー!
だって、すっごく楽しいし。
充実感いつもの倍だし。
メンバー、増えるといいね、EBIちゃん。

|

« 第一回女だけキャンプ Part1 | トップページ | 館山公園でお花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49205/1521186

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回女だけキャンプ Part2:

« 第一回女だけキャンプ Part1 | トップページ | 館山公園でお花見 »