« 岩岳~不動尊公園へ Part1 | トップページ | 久し振りの宮床 »

2006年4月 9日 (日)

岩岳~不動尊公園へ Part2

不動尊公園は、一級河川内川渓谷に面した不動尊公園キャンプ場のすぐ隣にあって、「野鳥の森」というちょっとした散策路があります。
お天気もいいことだし、まずは遊歩道を制覇してから昼飯にしようぢゃないかと。
040905で、その散策路を歩いていると、前方に「展望台」「頂上」という標識発見。
見つけちゃったからには、上ってみなきゃ。
てことで、緩やかな階段状の坂をエッサ、ホイサ。
これが、意外にも延々と続いてて、後ろから歩いている夫「岩岳より、疲れるー」と愚痴ってました。
うん、確かに単調な上り坂だし、岩岳より大変かも。
やっと辿り着いた展望台。眼下に丸森不動尊公園キャンプ場が見下ろせました。
なんだか、とっても設備の行き届いた清潔そうなキャンプ場。
「川もすぐ傍だし、気持ち良さそう。アソコでキャンプできるといいね~」なんて話してたんですが、どうもペットはNGのようで。
ちぇ。
展望台から数メートル先が頂上でした。祠があったから、うん、多分頂上。
その先も尾根伝いに道はあったのだけど(ちょっと下り気味の坂でした)、どこに辿り着くのか分からなかったので、来た道を引き返し、ついでに内川の川辺にも下りてみた。
040904 水がとっても綺麗。

ハァハァしてた2匹も、迷うことなく川に近づき、ガブガブと水を飲む。

そういえば、岩岳登山中、飲み水一滴もやってなかったっけ(汗。
(実は、犬用のシェラカップを忘れてきちゃったのです、ごめーん)
サラなんて、いきなりバシャバシャ入水してくつろぎ始めちゃうしー。
まだ水は冷たいと思うんだけど…腹壊してないか?(汗
BJは自分が濡れないように、地味に飲んでたけどね。
Imgp1362
2匹が落ち着いたところで、人間たちは園内のベンチに腰掛けランチタイム。

←水音を聞きつつ、こーんな景色を目の前にしながら。
いやぁ、贅沢。
気持ちいいー!
釣り師が岩の上から身を乗り出して釣り糸をたらしてたけど、鮎や山女、虹鱒なんかが釣れるんだそうです。

岩岳の山頂に比べたら風は弱いものの、それでも風除けなしだと火が消えちゃう。

そこで夫が自慢げにポケットから取り出したのが…
ジャンジャジャ~ン。
「専用ウインドスクリーン(大山のぶ代風に)」

【EPI】ウインドスクリーン←今まで風除けとして持参してたEPIの風除けなんだけど、これだと嵩張るとゆーんでつい最近入手したのが我が家のシングルバーナー専用の風除け。
里山ハイクに出かけるときには、ポケットにも入るサイズのスノーピークのギガパワーストーブ@地を使用してるんだけど、それにパカっと嵌めるウインドスクリーン
やすーっ。
金額的にも造作も、なんだか頼りなさそうだから、妻は「いるのか?そんなの」とバカにしてたんだけど、やっぱあるのとないのぢゃ大違い。
時折帽子が飛ばされそうなくらいの風が吹いたけど、火が消えることなくあっとゆー間に湯が沸きました。
コーヒーを飲む妻とみちのく限定どん兵衛「芋煮うどん」を啜る夫。
散策中の人たちの冷たい視線を感じたけど…気にしない気にしない(汗。
040906園内のいたるところで既に土筆がニョキニョキと顔を出してました(気持ち悪いくらいだった・笑)。
やっぱり、春っていいですねー。
帰りも阿武隈川沿いの道を通って自宅へ。やっぱでっかい川だ~。

そろそろカヌーもやりたいぞー。

妻の頭の中も春。遊ぶことで一杯です。

|

« 岩岳~不動尊公園へ Part1 | トップページ | 久し振りの宮床 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩岳~不動尊公園へ Part2:

« 岩岳~不動尊公園へ Part1 | トップページ | 久し振りの宮床 »