« 妻用マット | トップページ | 岩岳~不動尊公園へ Part2 »

2006年4月 9日 (日)

岩岳~不動尊公園へ Part1

2匹を乗せ、夫の運転する車でいざ丸森町へ。北側斜面の岩場はロッククライミングのゲレンデとして有名らしい岩岳へ上るのです。
とはいえ、登山道の整備された南側は、傾斜も途中まで緩やか。
資料によると「幼稚園児でも上れる」ですと。
ココは以前、妻が2匹を連れて上りにきた山。生憎の猛吹雪で頂上(らしきところ)まで辿り着いたものの、視界はゼロに近くて、山頂にいたのも僅か数秒足らず。
因って、リベンヂなのです。
道中、雨が降ってたんですが、丸森に到着するとア~ラ不思議。
山が高橋家を待ってたんですかね。
岩岳付近だけは雨雲がポッカリとなくなってて、青空が見えてました。
040901 狭い階段になっている登り口は、第一登山口。
そこを上ると、しばらくは湿った杉林を通ります。
ところどころ設置されてた木道。
そういえば、前回来たときはこの木道の表面が凍っていて、ズルっと滑って尻餅をついたんだっけ…。
雑木林を抜けると、尾根沿いの斜面。
階段が設置されてあります。
両側にはあと数週間で花開きそうな山ツツジ。
うーん、それほど急な斜面ぢゃないから、階段なんて設置しなくてもいいのに。

階段を上りきると、第三登山口からの登山道と合流するT字路に出ます。
標識があるので、迷わず山頂へと続く右の道へ。
040902
しばらく進むと、祠発見。
てことは、ココが山頂か? と思いきや、そうではなくて…。

そう、この山には山頂までの岩場の数メートルの間にいくつも祠が祀られてるんです。

山頂付近のでっかい花崗岩なんて、岩そのものがいろんなモノに見えそうな形をしてるし、誰かが選んでこの大きな岩をこの場所に置いたのかしら? と思うような芸術的な配置だし。
圧巻です。
でも、岩に見とれてると、危険。
尾根沿いを歩きながら、北側の切れ落ちた崖の下を時々見下ろす。
どっひゃー。
「ココから落ちたら、間違いなく死ぬね」
高度感も抜群なのです。
山頂はこれまた大きな一枚岩の上。
そこに座って昼飯にしようとしたのですが、風が強いこと(BJはその一枚岩の上でまたもや腹踊りしてましたけど)。
Imgp1297景色は最高なんだけどねー。
帽子だって飛ばされそうだし、これだけ風が強いと座ってのんびりランチタイムって気にはならないものですね。
高橋夫婦、突っ立ったまま
「あっちに見えるのは蔵王連峰かな」
「あの白いところは烏帽子スキー場ぢゃない?」
「七つ森まで見えるなんて凄いねー」などとお喋り。
ほらね、遠くに、ポッコリと笹倉山(七つ森の山)が見えました(赤印のとこ)。
山頂の標識には標高428mと書いてあったのですが、正確には430m(つってもやっぱり超低山)を超えてるらしいです。

下山は第二駐車場へと出る道で下りよう、なんて言って、地図を片手に東方面へと進んでいったのですが…。
040903だんだん怪しくなってきました。
そこには地面がある!と確信して落ち葉だらけの急斜面伝いに一歩踏み出すと、ズルズルー。
滑っていつの間にか1メートルほど下にワープしてるし(落。
「すぐに急勾配の下降になり、ココがコース中で一番の難所です」なんてことが書かれてあったんだけど…。
それって、このことなのか?
あっちかな、こっちかな?と夫婦で言い合いながら進むも、どんどんトツボに嵌ってる感じ。
足元はドウダンツツジがワシャワシャだし、枝を踏んで折ったりしないようにと足元に注意してると頭部をバーン。枝が直撃だしー。
道ぢゃないんでねの? って。
道標が一つも発見できないのは、やっぱり高橋家、迷子なのか? それとも単に道標を見逃してるだけなのか?
数百メートル下ったところで、来た道を引き返し再び山頂へ。
山頂でくつろいでたおぢさんに「第二登山口から上ってきたのか?」と尋ねられました。
いやいや、第二登山口に下りようとして迷ったから引き返してきたのだと答えると、なんだかガッカリした様子。
もしかしたら、おぢさんも第二登山口に下りるルートがわからないのかもー。
結局、上ってきた道を素直に折り返すことにしたのでした。
うーん、今度はちゃんと国土地理院の地図を持参してこよう…。

無事に駐車場へ戻ったら、さてお昼をどこで食べようかということに。
すぐ近くにある不動尊公園へと向かったのでありました~。

|

« 妻用マット | トップページ | 岩岳~不動尊公園へ Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩岳~不動尊公園へ Part1:

» 花言葉事典:第211号「ドウダンツツジ」 [花言葉事典]
花言葉は「節制」 [続きを読む]

受信: 2006年4月16日 (日) 12:54

« 妻用マット | トップページ | 岩岳~不動尊公園へ Part2 »