« 蔵王へ | トップページ | Fixg Tabooへ »

2006年2月28日 (火)

深山

お天気もいいし、県南にある山元町の深山へ。
どんな山なんだか、行ってみなけりゃわかんないからサラはお留守番。
ほら、急な坂があったりすると抱えての上り下りって大変だしね。
現地へ辿り着き、あぁビックリ。
なーんだ、ココ、以前来た事あるゾー。そのときにも、確か2匹を連れて登ったような気がするけど…。と思いつつ、深山神社へ通じる石段を上る。
02291 あれ~?以前夫と一緒に歩いたときは、こんな風景だったっけ? なんて頭の中に「?」がいくつも浮かんだけど、多分妻の記憶が薄れただけだと言い聞かせて進む。
この深山山麓にはマウンテンバイクをぶっ飛ばして遊べるコースがあって、管理棟で自転車をレンタルすることもできるんですと。料金、聞くの忘れたけど(汗。
そのサイクルコースを左手に眺めながら(誰も遊んでる人はいなかったけど)「駒がえしコース」をBJと上っていく。
県南だからか、ここ数日暖かかったからか、先週上った五社山に比べると、遥かに葉が緑に色づいてました。地面は落ち葉だらけだけど。
見た感じだと、落ち葉だらけの山道ってフカフカで歩きやすそうだけど、数日前に雨が降ったってこともあり、実をいうと乾いているのは表面だけ。
日の当たらない箇所なんて、霜が張ってるところもあったし。気を抜くと、ズルっと足が滑ってこけそうになっちゃったり。
02292 一服坂を過ぎて駒がえしに辿り着くと、そこから道が2つに分かれていたので、右側の鹿落ち坂を選んで進む。
どっちを選んでも同じような感じなんだろうけど、いやはや、ここから山頂までの僅か500m足らずが大変でした。1歩足を踏み出してさぁ2歩目と思うと、ズルズルー。斜面が急なのと、乾いた落ち葉のその下がぬかるみ状態だから、全然進んでないしー。つか後退してるしー。
当然汗まみれ。
眼鏡は曇るし、腋の下にかいた汗が、タラリと手首まで流れてきて気持ち悪いったらありゃしない(着込みすぎ)。
鳥越峠で、右の道を選べば国見台(展望台)、左を選べば深山山頂、ってことで妻、まずは山頂へ。
02293感想は…。
この山、好きーっ!
何故か両手を広げて「ウワ~!」とか叫んぢゃうね。
太平洋側が180度ドッカーンと開けていて、いやもぅ気持ちのいいことといったら。さっきまでヒィヒィいってた500mの坂の辛さも一瞬で忘れちゃうほどですよ。
山頂には東屋もあったけど、お日様の光を浴びながらコーヒーが飲みたかったので、その隣にあったベンチに腰掛け休憩。
Imgp0294BJも何だかご満悦って感じ。
(ブ細工顔だから鬱陶しいかもだけど、でっかい写真をハリコしてみた)
鼻の周りもほんのりピンク色だし~。
上ってくる途中、ずーっと熊笹をモシャモシャ食べて(パンダか、おまいわ)、あれだけ食えば腹一杯だろとも思うけど、労をねぎらい褒美のおやつをプレゼント。
そういえば、上ってくる途中で出会ったおぢさんに「この犬、フレンチブルドッグっていうんでしょ?」と声をかけられたっけ。おぢさんちの近所にフレブルを飼ってる人がいて、その家のフレブルさんはムッチリモッチリ体型で機敏に動く姿を見たことがないとおっしゃり、山を上るなんてとBJを見て驚いてたんだった。おぢさんがBJに目をやったその瞬間、当のBJは足元の熊笹を根っこから引っこ抜いて食ってる最中だったけど(汗。
02294 30分ほど休憩して、たかうちコースを通って下っていきます(結局、国見台行くの忘れてるしー)。
このコース、かたくりの群落が楽しめるということだったのですが…、開花には早すぎました。確かにあちこちにカタクリの葉は出てたんですけどね~。来月末あたりが見頃なのかなー。
烏森という場所まで下りてくると自然観察路を記した看板がありまして…。
Imgp0309地図をよーく見ると、夫と以前来た時に歩いたのは、青丸で囲んだ深山山麓少年の森とゆー場所でございました。
なーんだ。
結局、あのとき深山に登ったと思ってたのは森をグルグル歩いただけだったんだ。
今日見た景色はやっぱり初めてみたんだよね。
よかった、妻、ボケたわけぢゃなかった(笑。
そういえば、このたかうちコースにあるお別れ峠ってところで鷹討山の山頂へと通じる道もありました。今度行ってみよう。
ところで、いつも杉林を歩いていると思うんですけど。
よじ登れそうにもないような殺人的急斜面に、等間隔で並ぶ植林されたらしい杉の木があるでしょ。これ、みーんな苗木を植えたとなると、その人はすげーなぁと。大変だっただろうなーと。足を滑らせて怪我した人だっているんぢゃないかなー、なんて。ついつい崖下を覗き込みながらそんなことを思うんですよねー。ま、思うだけですけど。ほんの数秒。
今回上り「駒がえしコース」、下り「たかうちコース」を選んだんですが、いやぁ、これ正解でした。逆を選んでたら大変なことになったかも。たかうちコース、ずーっと坂道だしー。
しかも、山を下り終えたと思ったら、いきなり民家の、それもその家の敷地内に出ちゃって。心無いハイカーが勝手に農作物に手をつけたり、池のメダカを取っていくらしく、その家の主が書いたらしい達筆すぎる(笑)注意書きの看板が至るところにあったし。
「この民家を突っ切っていくの?ひょえー。どうしよう。戻るか?」なんてオロオロしてたら、その看板の書き主であるぢーさまが牛舎から出てきて鉢合わせしちゃうしー(優しいおぢーさんでしたけど)。
で、その敷地を通り過ぎたら舗装道に出て、結局トラックがバンバン走ってる(歩道はなし)東街道沿いをテクテク歩いて駐車場へ戻らなきゃだし。たかうちコースを登るとなると、もぅどの民家の敷地に侵入すれば登山口があるのか覚えちゃいないわ…(汗。
無事、2時間半後に駐車場へ。
そしてこの後、フレブル@キース店長のいるFixgTabooへ向かったのですが、その模様はつづくー。
ところで…。
ACP・アジャスタブルステッキスリムショートT【50%OFF!】←妻が里山に上るとき安物のコレを利用しておるのですが…。スノーシューでダブルストックを使って以来、やっぱ低山ハイクするときは↓こんな感じのペアステッキの方が歩きやすいんぢゃないかなーと。ガレ場や急坂の多い山だと、断然Tグリップのステッキって使いやすいと思うんだけど。
【今ならポイント2倍!! 2/25 0:00~3/1 23:59迄】EVERNEW(エバニュー) 2本組軽量ストック ワ...ノルディックウォーキングって、ダイエット効果も2本の方があるってゆーしね(本当か?)でもやっぱ2本だけに、倍の金額っつーのがなんともニンとも。
だったら、スノーハイクで使ってるストックを使えばいいだけの話かしらん?

|

« 蔵王へ | トップページ | Fixg Tabooへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深山:

« 蔵王へ | トップページ | Fixg Tabooへ »